忍者ブログ
快適な視生活を求めてみたいんだ
カレンダー
 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
 
カテゴリー
 
フリーエリア
 
最新コメント
 
最新記事
 
最新トラックバック
 
プロフィール
 
HN:
nobnov
性別:
非公開
自己紹介:
眼業界から離れて約8年。今は異業種。
現役時は大手眼鏡店で約2000件、眼科で約3000件の
眼鏡処方を。
ジブンの復習も兼ねて書いていきます。
「それはこうすべきだ」的な意見、お願いします。
バーコード
 
RSS
 
ブログ内検索
 
アーカイブ
 
最古記事
 
P R
 
アクセス解析
 
[1]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


もし、今、ジブンが眼鏡を新調するとすれば、眼科、眼鏡店というくくりよりもWHOでして誰にしてもらいたいかって感じです。
富士メガネのT野氏、弘前市 ビノ・ビジョンのKオーナー、函館市 メガネ館の店長Wさん。

血糖値は正常値、眼の痛みなし、矯正視力も良好、コンタクト受診ながらも年に2回は眼科で診察を受けているので眼疾患の疑いはほぼありません。

二十歳くらいから老眼前(40代前半)の方で血糖値が正常であれば、メガネ店で問題無いでしょう。

ここでポイントなのは、度数調整されたレンズで矯正視力が(目安)1.0以下の場合は、眼科も紹介状を書いてくれるメガネ店かっ?とことです。

疑問があれば、どんど検査員に質問しましょう。

検査員と患者(お客)の関係って美容師と客の関係性に似ているかも。

次回から、メガネ検査(視力、屈折度数検査)の流れです。

拍手[0回]

PR
―コメント―
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
No.1 「眼科、眼鏡店というくくりよりもWHO」に共感します
はじめまして。検眼に関して調べていて、nobnov様の当ブログに辿りつきました。
私の10年近く前の個人的な体験ですが、横浜に住んでいた時、ある私立の某総合病院の眼科で検眼した事がありました。そのときの検眼士さんは、非常に良かったように感じました。後日知ったのですが、その検眼士さんは、横浜市にある老舗眼鏡屋さんから派遣されている方でした。
こういった体験があったため、nobnov様が検眼に良いのは眼鏡屋さんか眼科かという問いよりも、検眼士さん人物によるとおっしゃられるのが大変共感できました。
hohjun 2013/07/01(Mon)18:32:32 編集
No.2 無題
コメントありがとうございます。
検眼の仕事は、検眼士のキャリアや得意分野に左右されますが、究極は「その患者にあった適切な処方度数」だと思います。
それは、患者の主訴を見抜く人間力も大事です。
それ故、眼鏡屋か眼科かという区別はちっぽけなものと感じております。
nobnov 2013/07/01(Mon)23:28:47 編集
No.3 無題
私自身あくまでメガネを作ってもらい、それを使う立場で、専門的な事までは理解しきってはいないのですが、nobnov様のおっしゃられる通りでないかと感じています。

唐突なのですが、現在私は日本国外に在住しています。
当地のメガネ屋さんの技術レベルは、残念ながら日本のそれには及ばないようです。5年前に一度つくったのですが、合わない感じがして、結局使わないままで、10年近く前に日本で作った古いメガネを使い続けています。
実は、札幌の実家に近い内に帰省予定なのですが、その時にメガネを作り直したいと思っています。

nobnov様ぶしつけなお願いで大変恐縮なのですが、札幌のメガネ事情に関するいくつかの質問とご相談をさせていただけませんでしょうか?ブログの掲示板では公開の為、e-mailにてさせて頂けるとありがたいのですが。
私のメールアドレスは今回の投稿者名である私「hohjun」にリンク付されています。
よろしくお願いします。
hohjun 2013/07/02(Tue)05:52:35 編集
―トラックバック―
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 検眼魂 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]